Scroll to top

© 2021 Post Lintel Co., Ltd. All right reserved.

社員を知る

M E M B E R

Capital market部|レオ・ルウ

1990年、中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ市生まれ。
中国・山東大学を卒業後、韓国・延世大学校大学院で国際経済学などを学ぶ。
2016年に来日し、IT系のプロジェクトマネジメント業務などに重視。
2019年7月にポスト・リンテル株式会社に入社。

【4か国語を駆使し、海外投資家からの信頼を獲得】

ポスト・リンテルに入社したきっかけを教えてください。

あるインタビュー記事で代表の坂東を知り、チャレンジ精神の強さに感銘を受けたのがきっかけです。飛び込みで会いに行き、「働きたい」と必死に想いを伝え、入社承諾をもらいました(笑)。現在は、日本語、英語、中国語、韓国語の4ヵ国語を話せるスキルを活かし、海外のファンドやリートに国内不動産物件を紹介しています。当社は、販売仲介のみならず、不動産開発の企画段階から建設、その後の運営・管理まで、ワンストップソリューションを提供しているので、まさに投資家の「パートナー」になった気持ちで顧客に向き合っています。

会社の強みはなんですか。

多国籍の人材が揃っているため、さまざまな国の投資家が相手でも、その方の母国語で対応できることです。母国語でのコミュニケーションを通してこそ、相手の真意を深く理解することができます。逆に、投資する際に重要となる日本の文化や慣習があれば、それを相手に説明することもできます。代表の坂東がいつも言っているのは、「本当に必要なものを投資家自身も分かっていないことが多い」ということ。母国語による深いコミュニケーションができることは、当社が多くの海外投資家から支持される理由のひとつです。

collaboration

総合窓口(お客様相談窓口)

私たちは投資家の皆様の為に最善を尽くす事を目指しており、 それを成し遂げる事が私たちの成長に繋がると考えます。 又、 多様な才能を持つスタッフがそれぞれアイディアを出し合い、 多くのディスカッションを行う事が弊社の文化を生み出す源となっています。